家出調査トップページ>失踪宣言について

失踪宣言について


失踪宣言について

失踪宣言(失踪宣告)とは、不在者、生死不明の者(死体が確認できていない者など)にかかわる法律関係を確定させるための、便宜上の制度です。
家族が家出や失踪をして、長期に期にわたって消息不明になった状態が長く続きますと、残された家族にとは様々な支障が生じてしまいます。 これを解決するために設けられたのが「失踪宣言」の制度です。

これは、家出などにより消息を絶ったまま7年間生死の状態が不明な者(普通失踪者)や、戦地や墜落した航空機、沈没した船舶などに乗っていて危難に遭い、その後消息を絶ったまま1年以上生死の状態が不明な者(特別失踪者、危難失踪者)を対象としております。
普通失踪者は7年以上、特別失踪者は1年以上経過した場合に限り、家庭裁判所に「失踪宣言の審判申立書」を提出することが可能になります。その後、家庭裁判所が調査をして公示催告を行い、普通失踪では6ヶ月、特別失踪では2ヶ月経過しても消息不明の場合に失踪宣言が確定します。

各市区町村役場に「失踪届」を提出して受理されますと、消息不明者(失踪者)は法律上死亡した者とみなされることになります。この時点で消息不明者は戸籍から除籍され、配偶者がいる場合は、婚姻が解消されたものとみなされます。また、生命保険などは家族からの申請で、死亡保険金の支払いの有無を判定することになります。この他、死亡した可能性が高いが死体が確認できない場合には「認定死亡」という制度があります。



【失踪宣言の審判申立てについて】
申立先 ・消息不明者の住所地の家庭裁判所
申立人 ・消息不明者の家族や利害関係者
必要な書類 ・失踪宣言の審判申立書
・申立人と消息不明者の戸籍謄本
・消息不明の状況を証明する書類(捜索願や調査資料など)
・印鑑
費用 ・収入印紙代800円
・連絡用の切手代(裁判所によって違いがあります)

【失踪届の提出について】
届出先 ・消息不明者の住所地の各市区町村の戸籍課
届出人 ・消息不明者の家族や利害関係者
必要な書類 ・失踪届
・確定証明書と家庭裁判所の審判書の謄本





仙台市泉区の探偵社

企業様向け調査お問合せ先

東北総合調査相談室
宮城県公安委員会届出済 第22100015号

〒981−3135
宮城県仙台市泉区八乙女中央2-1-13-201
電話 :022−375−2115
mail :info@tou-sou.com


調査お問い合わせの方法

まずはお電話かメールでお問合せ下さい。
その後ご指定の日時にお伺いさせていただきます。相談。お見積りは無料です。
匿名でのお問合せも可能ですので、まずはお気軽にお問合せ下さい。


主な調査対応エリア

仙台市内
(青葉区、泉区、宮城野区、太白区、若林区)
宮城県内各市町村
(石巻市、大崎市、栗原市、登米市、気仙沼市、東松島市、多賀城市、塩釜市、名取市、岩沼市、角田市、白石市、大河原町、柴田町、亘理町、山元町、川崎町、丸森町、蔵王町、村田町、七ヶ宿町、大和町、大郷町、富谷町、利府町、南三陸町、本吉町、女川町、涌谷町、美里町、松島町、七ヶ浜町、加美町、色麻町、大衡村)

山形県内全域
(山形市、上山市、南陽市、長井市、米沢市、
酒田市、鶴岡市、新庄市、尾花沢市、村山市、東根市、寒河江市、天童市など)

福島県内全域
(福島市、郡山市、二本松市、伊達市、相馬市、南相馬市、田村市、いわき市、須賀川市、白河市、喜多方市、会津若松市など)

岩手県内全域
(盛岡市、花巻市、北上市、奥州市、一関市、
二戸市、八幡平市、久慈市、宮古市、釜石市、遠野市、大船渡市、陸前高田市など)